この記事は約 8 分で読めます

【IPv6 IPoE対応 光回線プロバイダー】スマホ3キャリア別のおすすめ

 

「IPv4 PPPoE」の接続方式の光回線通信が遅い・・・という不満を解消するために生まれた「IPv6 IPoE」方式(今現在、採用してるプロパイダーがどんどん増えています。)

 

でも、何でもかんでも「IPv6 IPoE」なら回線が速くなると言う訳じゃありません。

 

「え?遅くなる例もあるの?」⇒あるんです。

 

今回は、「IPv6 IPoE」の接続方式のプロバイダの選び方に役立つ情報として、あなたや家族が使っているスマホにぴったりのおすすめ回線を紹介します。

 

スマホと相性の良い「IPv6 IPoE」の光回線を選ぶと、月額が割引になるので、契約する前に知ってて損は無いですよ。

 

 

「IPv4 PPPoE」と「IPv6 IPoE」の違い

 

IPv4

まずIPv4について⇒あなたが持っている通信機器(パソコン・スマホ・タブレット・ルーター等)には、IPアドレスが1台ごとに識別番号として割り当てられています。

例えば、123.45.67.89 のような数字です。1度は見た事あるかも知れませんね。

 

ipv4

 

最近、世界中でスマホの数が増え、このIPv4方式のIPアドレスの割り当てる数(約43億個)がどんどん減っています。

想像してみてください。高速道路の車が大渋滞寸前になっている様子を。今、インターネット回線もこんな状態になってきています。

ipv4形式の回線状態

 

インターネット上の住所に相当するIPアドレス(注1)については、現在、IPv4(注2)と呼ばれる規格が広く用いられていますが、平成23年2月3日、世界各地域にIPアドレスを分配するIANA(注3)は、IPv4アドレスの在庫を全て払い出したと発表しました。今後は、IPv4の後継規格であるIPv6(注4)のみを配付することとしており、我が国の通信事業者等においては本年中頃(注5)、新たなIPv4アドレスの入手が困難になると見込まれています。

引用:総務省:IPv4アドレス世界共通在庫枯渇への対応

 

IPv6

そこで登場したのが、IPv6です。IPv6のIPアドレスの数は約340澗(かん)個。いったいどれぐらいの数なのか、ピンときませんよね?

 

ipv6

 

兆はなんとなくわかりますよね?兆で言えば、340兆×1兆×1兆です。(うーん、想像できない数)

でも、これぐらい途方もない天文学的な数字だということです。通信機器に割り当てる数としては、ほぼ無限です。

 

IPv6とIPv4・IPoEとPPPoE接続の違いの分かりやすい解説動画

 

【光回線】IPv6とIPv4・IPoEとPPPoE接続の違いが素人でもわかる話【おすすめな選び方】

動画内でも力説されてましたが、IPoE接続を基準に選ぶのが重要なポイント。

 

IPoEに関しては、下の動画も分かりやすかったですよ。

 

スマホ別のおすすめ光回線

 

どこの光回線と契約したらいいのか?だいたい見えて来たかと思いますが、まずはじめに知りたいのは、自分にとって1番得する回線ですよね。

 

ここでは、相性の良い光回線を「スマホのキャリア別」にサクッと紹介していきます。(お値段的にもお得な情報です。)

 

・ドコモを使っている人にぴったりの光回線。
・auやソフトバンクの人におすすめの光回線(契約すると月額が安くなる)

 

せっかく契約するなら、安くなるほうが良いですよね?

 

あまり選択肢を多くしても、余計に迷ってしまうので、Twitterの評判なども見ながら、これなら間違い無いと思うものを選びました。

 

IPoE接続方式を利用するには対応するルーターが必要ですが、下記プロバイダーなら対応ルーターを提供してくれるので安心して申し込めます。

 

キャリア別相性の良い光回線一覧表

キャリア別
スマホ
光回線
プロバイダー
月額
戸建て/マンション
割引 キャッシュバック
DoCoMo GMOとくとくBB
ドコモ光
4,000円/5,200円 最大1,000円/月 20,000円
au auひかり 3,800円/5,100円 1人最大1,000円/月 最大61,000円
GMOとくとくBB
auひかり
3,800円/5,100円 1人最大1,000円/月 最大61,000円
ビッグローブ光 3,980円/4,980円 最大2,000円/月 最大37,000円
Softbank NURO光 4,743円 最大1,000円/月 45,000円
ソフトバンク光 3,800円/5,200円 最大1,000円/月 34,000円

 

その他、契約期間の縛りがない光回線もあります。

DTI光は、3,600円(戸建て)/4,800円(マンション)の料金で、auセット割だと最大1,200円/月安くなります。さらに最大19,000円キャッシュバックも。

auユーザーならDTI光も選択肢の1つに入りますね。

 

契約期間の縛りが無いIPv6 IPoEの光回線として、excite MEC光もあります。値段も安いのですが、いかんせん速度が遅いと評判が悪すぎるのでMEC光はやめたほうが良いですね。

 

IPv6 IPoE接続の光回線プロバイダー別、口コミ評価

 

上の表で紹介した光回線プロバイダーの口コミ評価ですが、Twitterで調べると「実際の速度を計測してつぶやいている人が多い」ので、信用があります。

 

GMOとくとくBB ドコモ光 IPv6 IPoEの口コミ

 

 

概ね、非常に速いという口コミを見かけました。でも、中には遅いと感じる方も。

 

 

ping値(応答速度:サーバーから返ってくるレスポンスの速さ、通信のタイムラグ)がネックになってるのでしょうか?通常は50ms以内ならOKと言われています。この方のは262msです。

※プロバイダーが原因と言うより、何か他に原因があるのかも知れません

 

 

速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

 

auひかり IPv6 IPoEの口コミ

 

 

auひかりもほとんどの方が速いとつぶやいてます。逆に遅いとつぶやいている人を探したのですが、今の時点ではありませんでした。

 

 

最大60,000円を翌月キャッシュバック【auひかり】

 

 

ビッグローブ光 IPv6 IPoEの口コミ

 

 

 

ビッグローブ光も概ね速いとの声が多数。でも、中には遅いとつぶやいている人もいました。

 

 

ビッグローブ光はほとんど良い評価。さすが大手だけあって安心感があります。

 

ビッグローブ光

 

 

NURO光 IPv6 IPoEの口コミ

 

 

さすが、NURO光の2Gは速い!みなさん良い速度出てます。下の方はあまり良い数値が出なかったみたいです。(原因は分からないけど機器の設定ミスも考えられます。)

 

 

NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

 

 

ソフトバンク光 IPv6 IPoEの口コミ

 

ソフトバンク光のIPv6 IPoE接続も、問題無く速いですね。

中には遅いとつぶやいている人もいますが、遅くてもこれぐらいなら許せる範囲かも

 

ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッド通信!さらにキャッシュバック34,000円

 

 

DTI光 IPv6 IPoEの口コミ

 

DTI光は契約期間の縛りがないのが特徴です。気になるのはやはりスピード。

 

回線の品質は問題ないようです。スピードもちゃんと出てますね。

 

遅いとぼやいてる割にはスピード出ているように見えるのですが・・・体感速度は人それぞれなのかも知れません。

 

DTI 光

 

 

excite MEC光 IPv6 IPoEの口コミ

 

最後はexcite MEC光の口コミです。昼間は速いけど、夜は激遅になるという噂を多数みかけました。

 

https://twitter.com/markun891/status/1229777427309748225

速いというつぶやきもあるのですが、遅い人が結構いるようなので、excite MEC光はやめておいたほうが無難なようです。

 

↑スマホ別おすすめ光回線表に戻る