この記事は約 2 分で読めます ( 約 1080 文字 )

光回線は10Gbpsのスピード競争時代に突入?

光回線は10Gbpsのスピード競争時代に突入?

光回線は多くの家に行き渡ってきた感がありますが、今度はスピード戦争に入って来たようですね。

 

ちょっと前までは100Mbpsの速度だったものが、今は1Gbpsが当たりまえ。

これからは5Gbpsや10Gbpsが当たり前になってくる、のかな?

 

前置きはこれぐらいにして、実際のところ今10Gbpsの光回線を契約しようとしたら

NURO光

auひかり

eo光

あたりが思い浮かびますが、現状ではまだエリアが狭いですね。
※首都圏や関西圏の主な都市のみ

 

たしかに理論的には1Gbpsの10倍の速さになりますから、動画を見たり、重いファイルのダウンロードもあっという間、ストレス無しになるのでしょう。

 

10Gbps回線にしたいーー!!

 

その気持ちわかります!

 

が、「現状」という条件を付けて考えると、月々の料金だけで判断するのは早合点ですね。※月額料金は1Gbpsと比べて1,000円~2,000円程度高い

 

というのも、回線だけ10Gbpsになったとして、ルーターはそれぞれレンタルできますが、ルーターからノートPCやデスクトップPCに繋ぐためには

・10Gbps対応のケーブル
・10Gbps対応のハブ
・10Gbps対応のLANカード

が必要です。

 

これらを用意しないと、折角の速さの恩恵を受けられません。ルーターまでは10Gbpsで来てるのに、そこから先を1Gbps対応のケーブルで接続すると最高でも1Gbpsしかスピード出ません。

 

しかも、現状ではまだまだ10Gbps対応のLANカードやハブは高いです。

 

ケーブルはそこまで高くなけいど、ネットワークカード(LANカード)やスイッチングハブがどれぐらい高いかは下記で確認してください。ちょっと笑えますよ(笑)
これ、まだ安いほうですからね。

 

ただ、お金なんて気にしない!速さ命!ってかたは良い時代が来ました。とくにゲーマーさんは回線速度命ですから。

 

あと、世間に10Gbpsが広まってくると、関連機器もそれに乗じて安くなってきますから、しばらくしたら価格も落ちてくると思います。その時がチャンスかな。

 

また、新しい情報が入り次第追記します。

カテゴリー
タグ